市民福祉まつり


市民福祉まつりは、ノーマライゼーションの理念に基づき、あらゆる人が気軽に心地よくふれあえる場を創出し、福祉への理解を深め、共に生きるまちづくりを目指し、毎年10月第3日曜日に富士中央公園西側イベント広場を会場に開催しております。

第38回市民福祉まつり参加団体募集要領(.pdf)

各部門紹介

┃ステージ部門

福祉施設をはじめ、各種団体による音楽・劇・ダンスなどの披露を主体に、であいふれあいの中で、大勢の方々と交流を深め、楽しい時間をみんなでわかちあいます。

┃福祉部門

福祉体験を通じて、障がいについての理解を深めて頂くと同時に、まつりにお越しの高齢者などの介助を必要とする方々のサポートをしながら交流を図ります。

┃バザー部門

福祉施設や各種団体が食べ物・飲み物の模擬店をはじめ、生活用品のバザーを行う中で、障がいのある方も含めた参加者・来場者でふれあい、共に楽しむ場を提供します。

┃子ども部門

ゲーム・紙芝居・製作遊びなどで、子どもも大人もみんなで楽しくふれあえる場を創造します。

┃啓発部門

「福祉の情報発信基地」。福祉に関してのプロが集まっています。小さな介護用品から大きな介護車両まで何でもそろっています。日頃困っている事はありませんか?あなたの質問ご相談にお答えします。

┃総務部門
まつり本部の運営やボランティアの受入、駐車場、場内整理、交通案内等当日の連絡調整等を行います。